プロカメラマン(奥山晃治)

プロカメラマン奥山晃治

ルクールラボの考え方Le Coeur / Lab(ルクールラボ)の「ルクール」とはフランス語で「心」を意味し 「撮影を通して心ある交流を深めたい」との思いで命名しました。「素敵に」「迅速に」「丁寧に」、そして「経済的に」という4つの考え方を基軸とした撮影と納品を心がけています。プロカメラマンにありがちな自己満足な撮影や無理矢理作りだした美しさではなく、その写真を見れば、その瞬間が広がるように思い出される一枚を提供できるよう日々精進しています。お客さまの求めるものを理解し、お客さまの目線で撮影し、生きていることが実感できるような素晴らしい瞬間を切り取ることをお約束いたします。

 

奥山晃治の考え方

カメラを仕事とする私がこんな事を言うのはとてもおかしなことなのですが、私は、生きている中で「写真を撮る」「ビデオをまわす」といった行動は不要なものだと考えています。それは、目の前で起こる「感動」や「奇跡」は肉眼で見ることに大きな価値があると考えているからです。(もちろん趣味の写真を否定するものではありません。私も写真が大好きです。) 運動会や発表会、結婚式、成人式、ご旅行といったイベントは是非、ご自身の目で確認し、記憶に刻んでいただきたいと感じています。

とは言うものの、いつか歩いてきた道を振り返る時「写真」はその瞬間を鮮明に蘇らせてくれる貴重なアイテムです。だからこそ私はこの「写真」という仕事を続けることができています。いつかお客さまが自分の道を振り返る時を想像し「思わず顔がほころぶような最良の一枚を撮る」という気持ちでシャッターを切っています。

「目の前の現実はご自身の目で、振り返る思い出は第三者の手で」これが私の考え方です。大切なイベントは是非、第三者のプロカメラマンにお任せください。皆様の最良の瞬間をご一緒できる日をお待ちしております。

奥山晃治の略歴
カメラマン 奥山 晃治 (おくやま こうじ)
生年月日 1968年6月18日
趣味

北海道全般

弦楽器演奏(クラシックギター、バイオリン、琴)

旅行

店舗略歴

父親がスタジオ兼写真店を開業。

その後、北海道に移住。

大学に通いながら、本格的に撮影の技術を磨き、卒業後、撮影事務所、写真館等で修行を積み、2010年、白石区に店舗を構え独立。多様なジャンルの撮影を行っている。

page top
camomille
Copyright(c) 2017- ルクールラボ合同会社 All rights reserved. カモミール / かもナビ